今週の音楽「第六交響曲 第2楽章」はいかが?
Waves Z-Noise
 知ってました? googleで「ヤマト 伝票番号」と打ち込むと追跡ができることを。
 まあ、それはおいといて、前々からWavesのノイズリダクションプラグイン「Z-Noise」を買おうと決めてました。
 今までノイズ除去にはSoundtrack proに搭載されている機能を使っていたのですが、水音のような特有の副作用が気になってたのですよ。まあ、それでも標準搭載されている機能にしては上出来だと思うんですが、「もっと精度の高いプラグインがあるはず」と思い「Z-Noise」に目をつけました。
 なにせ10万もするプラグインだし、Wavesクオリティということもあり、かなり使えるのではと。
 で、仕事が一段落ついたので早速デモ版をインストール。
 ところがオーソライズに半日も費やすことに。手続きが複雑で、やたらとわかりづらい! しかも既にインストールしてあったNPPが消えてしまい、WUPを購入するはめになるしorz
 ほとんどのWavesプラグインは機能無制限で一週間試用できるのですが、なぜか早くも期限切れでZ-Noiseが起動しないのです。散々試行錯誤を強いられたにも関わらず上手く行かない。さすがに試用せずに買うには高い。と言うわけで、藁にもすがる思いでWaves社にメールしました。
 「レスは明日かなあ」「1日無駄になるなあ」と思っていたら数時間後にレスが(はやっ!)。登録情報をリセットしてくれたらしく、今度は無事起動できました。
 余談ですが、向こうの人はユーモアがあるというか、気さくですね。一方、日本の企業は定型文丸出しですし、酷い時は的外れなレスをしてくるので、是非とも見習ってほしい。
 さて、ようやく検証開始。実はヒスノイズが乗りまくりの音楽、ハムノイズが乗っている音声等々、この日のためにいろんなサンプルを用意しておいたのです(笑)
 が、結論から書くと、この程度で10万円ってのはぼったくりではないかと(苦笑) 副作用こそ目立たないものの、かかりが強すぎるというか、ヒスだけ除去したいのに原音まで削いでしまうというか。微妙な設定ができない気がしました。
 期待しすぎだったのか? それともコツを掴んでいないだけなのか? とりあえず引き続き検証してみるつもりですが、今日はオーソライズでクタクタ(苦笑)

5/21/2008 23:59 note software

comments & TB (0)

name

trackback URL