今週の音楽「death summer II」はいかが?
Snow Leopard
 本日届きました。
 さっそくインストール開始。いつもなら新規インストールか上書きインストールか選択肢が出るのですが、Snow Leopard(以下SL)の場合はインストール先のボリュームにOSが存在するか否かで自動的に判断されるようです。
 僕は上書きインストールするつもりだったので、新規インストールされてやしないか冷や冷やしました(苦笑)
 15分ほどで再起動し、このような画面に。インストールは更に続く。
 更に15分ほど経過し、またも再起動。ところが、モニタがブラックアウトしたままウンともスンとも言わない。不安を覚えましたが、定期的にDVDドライブが作動しているのでしばらく様子見。
 この状態のまま20分経過。さすがに不安はピークに。トラブルなのか正常なプロセスなのか判断がつかず、Appleのサポートに電話。しかし、受付は19時まで……。しょうがないので、闇雲にWebを検索。
 そんなことをやっていたら、グレーのリンゴマークが出現。まったく…………脅かさないでくれ。
 と言うわけで、とりあえずアップデートは終了。
 まず気付いたのは、システムボリュームの空きが15GB弱増えたこと。噂通り、かなりスリム化されたんですね。それ以外は、Leopardとあまり変わらない気が……。あまりに違いがわからないので、「このMacについて」を確認してしまいました(笑)
 今後、使用するソフトによっては不具合が起こるかもしれませんが、まあ臨機応変に対処しようと思います。
 なお音楽用マシンは、G5のためアップデートしてません。てか、できません(苦笑) 今回アップデートしたのは、その他用のマシンです。
 最後にRosetta。僕が使用しているPPC版のソフトと言えばAppleWorks(以下AW)。SLでも使いたいので、インストールしました。

5/10/2010 21:39 note private

comments & TB (2)

  • ボリュームはGrandioso Steinway D、弦はVSL Solo Strings、それ以外はOpus1です。
    MOON@人工無能 5/11/2010 2:00
  • 大変でした、ブラックアウトには驚かされるよね。
    これからの私の身の安全が確保されました(笑)
    6月はよろしく願います。
    zief 5/11/2010 18:23

name

trackback URL