今週の音楽「death summer II」はいかが?
ロジックボードの無償交換
 アップルジャパンでも交換サービスが開始されましたね。
 ところで僕のiBookのシリアルナンバーですが、勘違いしてました。UV223xxxxxxxなので交換対象内でした。
 と言うわけで早速本日アップルコールセンターへ電話を。こちらの症状を説明するたびに担当者は「微妙ですね〜」を繰り返してました。つまり無償交換かどうかが微妙ってことなんですが、モロに問題の症状やん!と言いたかったですよ〜。そうまでして有償にしたいんですかね〜。でも結局修理センターの方へは「ロジックボードの無償交換」として書類を発行してくれるそうなのでとりあえず一安心。
 で、引き続き修理センターの人と話したんですが、なんか話しが噛み合わないんですね。ひょっとして今回の無償交換の件を知らないんじゃないかと。明日宅配業者がiBookを引き取りにくることになったんですが、念のために有償だった場合は修理をせずに返送してもらうことにしました。
 にしても、今回の一件は外的圧力によるチップの接触不良・破損が原因のようなので、単にマザボを交換しただけでは根本的な解決にはならないですよね。つまりチップの配列を代えたり、チップ周りを圧力に耐えられるよう補強して新しいタイプのマザボを製造しない限り、再発の可能性は大きいのではと。で、それを踏まえると大変気になる一文が。
Q:「iBookロジックボードリペアエクステンションプログラム」の申し込み受付期間はいつまでですか?
A:このプログラムは、対象となるiBook本体の販売店からの出荷日(新品時)から3年以内にお申し込みが必要です。
 同じタイプのマザボの交換である限り、一生交換し続けなければならない可能性もあるわけで、3年過ぎたらどうしてくれるんだろうか?ちなみに僕のiBookは2002年の7月購入なので、同一の症状が出たら2005年までは何回でも交換してくれるってことですね。が、その後は??新しいマシンに買い換えろってか??
 とまあ、とりあえず直ってから考えるか(苦笑)。約一週間のお別れです。あ゛っ!この件で修理センターが混む怖れがあるから、もっと時間がかかるかもなあ……。

1/31/2004 23:59 note private

comments & TB (0)

name

trackback URL