今週の音楽「Qualia 20Hz」はいかが?
Falling down
 今日はもう1つ。
 仕事が一段落したので、CSで録画しておいたマイケル・ダグラス主演「Falling down」を見ました。最後まで緊張感を抱えつつ観ることができ、特にマイケル・ダグラスの狂気っぷりには圧倒されました。
 まあ、緊張感といっても展開が二転三転するわけではなく、ただただマイケル・ダグラスが破滅の道を突き進むだけです。なので、エンディングもある意味必然。それでも目を離せなかったのは、やはり彼の内なる空恐ろしさですかね。これまでの彼のイメージががらりと変わった作品でした。

5/24/2006 23:48 note movie

comments & TB (0)

name

trackback URL