今週の音楽「第六交響曲 第2楽章」はいかが?
GREEN HOUSE GH-PMF193SDV
 実はここ一週間ほどG4のCRTモニタ(17インチ)が不調でした。電源を入れた直後は数分間真っ暗。で、画像のような状態がしばらく続き、徐々に正常表示される感じ。ただ、正常表示といっても終始細かく揺れてるものだから余命は僅かと判断。そこで、完全に映らなくなる前に買い換えを決意
 どうせなら液晶モニタにしようと思い、いろいろ物色。CRTと違って配置的にスペースが稼げる分奥まるので、字が読みづらくなることを考慮しターゲットは19インチ。結局、GREEN HOUSEのGH-PMF193SDVを注文。送料込みで26,325円。ピンキリとは言え、液晶モニタも安くなったもんですね。まあ、このモニタはピンの方ですが(苦笑)、評判が良かったので決めました。
 で、今日届きました。まずはドット欠けをチェック>幸いなことに1つもなし。次に色調整>ここで問題発生。写真は綺麗なんだけど、ベタ部分(windowの地やテキスト画面)がすごく変。いくら調節しても赤みがかったり、緑がかったり。白であるべきところが白じゃない。やはり「安かろう悪かろう」なのか??
 そんな思いを抱きつつ、何気なく自動調節を実行。すると、いい感じになったじゃないですか! いや、今までろくな自動調節を経験していないもので、全くアテにしてませんでした(苦笑)
 と言うわけで、総評はかなり良いです。実は事前にApple Studio Displayとスペックを比較したんですが、視野角、コントラスト比、最大輝度、応答速度、どれをとってもGH-PMF193SDVの方が上回っていたものの、Studio Displayの方が2.5倍ほど価格が高いので期待はしてませんでした。でも、コントラスト比1000:1は伊達じゃないです。つまりStudio Displayってほとんどがブランド代なのか? それとも耐久性が優れているのか? まあ、いいや。とにかく、そのうちG5のCRTモニタもコレに替え、ついでにデュアルモニタにしちゃおうかなと思いました。いや、実行するかはわかりませんが、そのくらい気に入ったということで(笑) もっとも、G5は音楽専用機なので、更に安いモニタでもオッケーですが。

8/23/2006 23:59 note logic

comments & TB (0)

name

trackback URL