今週の音楽「ブラン城」はいかが?
iBookが死んだ
 前々から兆しはありました。モニタをある角度以上開くと画面がブラックアウト。その状態でモニタを閉じるとスリープに入り、角度に注意しながら再度開くと復活。そんな繰り返しで、だましだまし使ってました。
 が、1ヶ月ほど前、ついに決定的瞬間を目の当たりに。何と言うか、ドラマでパソコンがウィルスに侵される際、画面がグチャグチャになるじゃないですか? あんな状態が30秒ほど続き、プツンとブラックアウト。
 それ以来、電源ボタンを押してもモニタは沈黙したまま。caps lockを押すとLEDが点灯するので、起動はしている模様。恐らく、モニタが逝ってしまったのでしょう。
 ところで僕のノートの用途としては、外出時にネットやメールをチェックしたりする程度。iPhoneを買ってからはめっきりiBookの出番は減りましたが、それでもたまに必要になります。なので、迷いに迷って買い換えました。
 これで3台目のiBook。最初は500MHz、次いで700MHz。両方ともCPUはG3。
 今回買ったのもG3。ヘルツは500MHz、メモリは128MB、HDDは40GB、ドライブはコンボ、バッテリはなし、電源アダプタは他社製。そんなスペックなので、お値段10,500円(笑) でも、僕の用途ならこれで十分。
 が、さすがにメモリ128MBのままではきついので、旧iBookからメモリを抜き出し新iBookに増設。これで256MBに。今回のiBookは旧iBookより200MHz分遅いわけですが、とりあえず体感による差異は激減しました。これにて一件落着。

4/28/2009 22:59 note private

comments & TB (0)

name

trackback URL