今週の音楽「第六交響曲 第2楽章」はいかが?
VSL Solo Strings
 やっとこさ「VSL Solo Strings」のインストールが終了。で早速Logicにてテスト
 まず感じたこと。ロードが長い!インストルメントにもよるんですが、体感で1〜2分くらいかかるものもありました。これではどの音色を使うか模索する場合、かなりのストレスになりそうです。
 ちなみに、カルテットをやる場合は文字どおり4パートなので、単純計算では8分近くかかることになりますが、シーケンサー上では4パートでは済まず、1つのパートで3〜4つのインストルメントを使い分ける場合が多いので、全部で16パート。となると32分!?こ、こ、これは耐え難いものがあります(苦笑)
 それ以外の部分では問題ありませんでした。キーボードによる発音の誤差も感じませんでしたし。そして何よりパフォーマンスツールの設定が奏法別に最適化されていること。例えば、レガート用のインストルメントは、特に設定をしなくてもデフォルトでレガートの演奏ができるようにプ リセットされています。よって18日に書いたキースイッチの設定もしなくて良いみたいです。
 実際いじってからマニュアルを再度読んでみたら更に色々と見えてきたので、これは意外と早くにマスターできそうです。

2/20/2004 23:59 note library

comments & TB (0)

name

trackback URL