VSL Solo Strings
 「弦楽四重奏曲 第2番 第1楽章」VSL Solo Strings仕様にするべく奮闘していたのですが、いくつか発見がありました。
 まず、複数のトラックで同じレガート用インストルメントを使用するとお互いが干渉してしまうこと。
 これはまいりましたね〜。カルテットの場合、1stバイオリンと2ndバイオリンで同じインストルメントを使うケースが多々あると思うんですが……。
 作業を中断し延々悩んだ末、結局2ndバイオリン用にインストルメントファイルを複製し解決。インストルメントファイルを複製したとしても、それぞれが同じサンプルファイルを参照しているわけで意味がなさそうですが……大丈夫でした(笑)。が、同じサンプルがだぶってメモリにロードされてるわけで非常に不経済的ではあります。まあ、今のところそれくらいしか解決策が思いつかないのでこれで良しとします。
 で、作業を再開し、サクサクとエディットを進めていると新たな問題に直面!
 こいつ(VSL Solo Strings)かなりのメモリ食いと判明!
 バーチャルメモリをオンにした状態で、1つのインストルメントで120〜150Mくらい使うのでは。で、昨日も書きましたが、1つのパートで複数の奏法を使用するので1st、2ndバイオリンで1Gくらい使ってしまいました。僕のG4はメモリが1.5Gなのでこの時点でアップアップです。オーケストラは厳しいと思っていましたが、まさかカルテットすらできないとは……。奏法を減らすか、Logicのフリーズトラック機能を駆使するかしないと完成させられないってことっすね。う〜んどうしたものか。

2/21/2004 23:59 note library

comments & TB (0)

name

trackback URL