今週の音楽「ブラン城」はいかが?
QTプラグイン
 ロフベの下が妙に薄暗いので照明を買いました。
 ところで今日、知人のF氏から「曲をダウンロードしたもののiPodへ転送できない」と電話がありました。内心「きっと凡ミスだ」とタカをくくっていましたが(笑)、以前書いたような現象のせいで転送できないらしい。この現象は、Mac以外の環境でエンコードしたmp3に限り出るものと思ってましたが、どうやら違うみたいです。
 早速、自分でダウンロードしてG4で確認したところ、やはり転送できない……。しかも、入力したはずのタグも部分的に消えてるし……以前は問題なかったのに、一体いつから!? ところがG5で試したところ、タグ情報も転送も問題ありませんでした。ちなみに、前者はiTunes、QuickTimeを含めOSは最新。後者は1つか2つ前のヴァージョン。つまり、最新のヴァージョンに問題があるのではないかと。
 で、しばらく検証してみて、QTプラグイン(@safari)を使用して保存をすると転送ができなくなることが判明。専門的に書くと、QTプラグインを介してDLした場合、ファイルタイプとクリエーターがQTの情報(MooV/TVOD)に書き換えられてしまうわけです。なので、mp3ファイルではあるけれど、システム的にはmovieファイルになってしまうためiPodが受け付けないわけです。なお、ダイレクトにダウンロードしたmp3に関しては問題なく転送できました。
 と言うわけで、windowsの方々はダウンロード後、もしくはmedia player等でダウンロードしつつ再生するケースが多いと思うので特に問題はないと思うんですが、macの場合はブラウザのQTプラグインで再生し、保存するケースが殆どだと思うんですよ。なのに、そうやって保存したmp3がiPodに転送できないんじゃ話しにならないですね。
 まあ、そういう場合はリンク先のように、ファイルタイプとクリエーターを書き換えれば転送できるようにはなるんですけど、そんなことイチイチやってられませんって。希なケースだからこその小技じゃないですか。
 本当に最新ヴァージョンに問題があるのか? それは仕事が一段落する来週頭に、G5のアップデートをすればハッキリします。これでG5の方でも転送できなくなったら、僕の予想は当たりです。

3/15/2006 16:45 note iPod&iTunes

comments & TB (0)

name

trackback URL