今週の音楽「弦楽四重奏曲 第2番 第4楽章」はいかが?
キーボードその後
 結局、キーボードを交換してもらいました。意外なほどすんなり応じてくれたので、もしかしたらロット不良なのかもしれませんね。その根拠は……数日後に届いた新しいキーボードにも同様の問題があったからorz
 と言うわけで、暗示に従いアルミキーボードを買いました。
 不良品を2度も掴まされ、更に売り上げに貢献するとは我ながら情けないですが、またサポートに電話して一から説明するのは面倒。iPodの件Logic Studioの件と、もう戦意喪失気味です(^^;) Appleさん、頼みますからのようにはならないでくださいね。
 さて、付属のキーボードは事務機器って感じですが(苦笑)、このアルミキーボードはMacっぽい。特にG5やMacProのシルバー筐体とマッチしますね。
 驚いたのは、想像以上にボディがかったこと。そしてキーのさ。擬音で表現すると、カチャカチャではなくパチパチ。ノートパソコンで打ち慣れてる人には良いかも。
 僕的には、もうちょっと斜めってた方が打ちやすいですが、デザインでは付属キーボードよりもアルミキーボードの圧勝。もう1つG5用に買おうかなあ。
 と、ここで例によって問題発生。キートップの表示はJIS配列なのに、内部的にUS配列になっていることに気付く。
 面倒なので過程は省略しますが(苦笑)、いろいろ調べた末、ソフトフェアアップデートでキーボードドライバをアップデートすることにより解決。と同時に、ファンクションキーもキートップの表示と同じ機能(Expose、Dashboard等)が働くようになりました。

10/2/2007 23:59 note private

comments & TB (0)

name

trackback URL