今週の音楽「第六交響曲 第2楽章」はいかが?
MA終了
 QLSOサウンドをスタジオのスピーカーで聴いたところ、期待通りで一人ニンマリ(笑) コントラバスやチューバはヘビーでしたし、シンバルとトランペットはシャープ、トロンボーンとホルンは中域と高域が力強い、木管は程良い距離感、ストリングスアンサンブルは美しい
 一番気になっていたのは原音と響きのバランス。普段スタジオでは自宅の環境よりもドライに聞こえるのですが、QLSOの場合は殆ど差を感じませんでした。うん、これって重要ですね。
 と言うわけで、今後も機会があったらQLSOを使おうと思います。これらの効果を何の苦労もせずに表現できる(Multipressorは使いましたけど)ってすごい話しですし。

2/19/2008 23:59 note library

comments & TB (0)

name

trackback URL