今週の音楽「ブラン城」はいかが?
グロウル!
 僕の使用しているSax音源は「Candy」なんですが、グロウル奏法がないんですよ。いや、FXとしてなら用意されてますが、スケール、テンポ、強弱等、様々な条件が一致しないと使えない。
 もう1つ手持ちの「Garritan Jazz and Bigband(以下GJBB)」にはとりあえずグロウルのパラメータがついてるんですが(実は最近発見したw)、単に歪ませているだけのような感じでイマイチ。「CHRIS HEIN HORNS」のグロウルも怪しいですが、「GJBB」はそれ以上(苦笑)
 何にしても、グロウルのないSaxって、味気ないというか迫力がないというか……
 で、先日発見したのが、「VI SAXOPHONES」。この前の音源「VSL HORIZON SAXOPHONES 1」は買う一歩手前まで行きましたが、続編が出ていたとは知りませんでした。
 それにしても、グロウルに加えてスクリームまであるとは! めちゃくちゃ欲しいじゃないですか! Complete版行っちゃいますか!?(笑) でも問題は汎用性。「Candy」のようにFXとして用意されているなら使えない……危ない危ない(苦笑)
 と言うわけで、現在制作中のJazz曲は「GJBB」のSaxを使用してます。グロウルはイマイチだけど、ないよりはマシ。レガートが汚いけど我慢我慢(苦笑)

7/11/2008 23:59 note library

comments & TB (2)

  • グロウルがなくてもhigh clash良かったですよーー
    迫力ありました。
    おかげさまで今でもヘビロテ中です(笑)
    Tam 7/12/2008 19:44
  • ありがとうございますm(_ _)m
    でも、グロウルを盛り込めばもっと迫力が出たと思います(笑)
    先ほど新曲を公開したので、よろしければ聴いてください。
    MONO 7/13/2008 0:06

name

trackback URL