今週の音楽「第六交響曲 第2楽章」はいかが?
セカイカメラ審査待ち!
 本当は、nanoとTouchのことを書こうと思ってたんですが後回し。
 動画を観るとわかりますが、以前の情報とは異なり電子コンパスに対応したようですね。まあ、当時iPhoneは3Gでありコンパスが搭載されていなかったわけで当然と言えば当然ですが、対応してくれて本当に嬉しいです。
 唯一心配なのは、エアタグのポスト&ゲット。自分のいる場所に限定されるのか? それともどこからでも可能なのか? 以前の情報によると後者でした。
 だとすると、ちょっと残念。これも以前書きましたが、やはり「その場にいる者のみが共有できる情報(エアタグ)」だからこそ面白いし価値があるのだと思います(仮にくだらない落書きだったとしても)。
 なんてことをtwitterでつぶやいたら、なんと井口さんご本人からリプライを頂きました! フォローさせて頂いてるわけでも、して頂いてるわけでもないのでびっくりしました。
 その後何回かやり取りさせて頂いたところ、webを絡めることにより新しい価値を出したいそうで、webからのポスト&ゲットは「あり」だそうです。詳細は右のスクリーンショットをご覧下さい(ご本人に転載の承諾は得ています)。
 ならば……と頭を切り換えると、こんな使い方が思い浮かびました。
 旅行へ行く友人・知人・恋人・家族に、事前に宿泊先へエアタグをポストしておく。着いたら見てね的な。あ、「メールでいいじゃん」ってツッコミはやめてくださいw
 留守中の友人・知人・恋人宅にエアタグをポスト。帰ったら見てね的な。あ、「メールでいいじゃん」ってツッ(ry
 いずれにしても、webからポストされたタグを現場からポストされたタグとは別にフィルタリングできると、ゲットする側にとっては便利ですね。生の情報を重視する人は、web経由のポストを非表示にすれば良いわけですから。うん、ならば十分共存可能だと思います。って、何を先走ってるんだか(苦笑)
 それにしても……
未来の渋谷駅でiPhone(に限らずスマートフォン)のカメラをかざすと、居酒屋の割引チケットのエアタグで町並みが見えなくなっている・・・昔の公衆電話ボックスが風俗のチラシで外が見えなかったように・・・
 こちらのブログを勝手に引用させて頂きましたが、正にその通りだと思います。当然エアタグは劣化しないので蓄積される一方。業者よりも一般人のポストが圧倒的に多いはずなので、チラシだけで済むとは到底思えません。いずれにしても、エアタグをかき分けて街を歩く時代が来る?w
 さらに、同ブログにはこんなことも。
路地裏にiPhoneのカメラをかざすことで到達できる秘密クラブとか、街中に隠されたタグを辿ってゴールを目指すゲームとか、色々とできるんでしょうねぇ。
 電子コンパスに対応したからには、以前僕が提唱(?)したトイレの落書きもエアタグ化するでしょうね(笑)
 悲しいかな、笑い事では済まされないことに悪用されるケースもあるんでしょうけど……とにかくセカイカメラは無数の可能性を秘めてます。今後iPhoneやandroid以外にも様々な端末に対応し、webと現実世界との間にドッシリと鎮座することでしょう。ワクワクします。
 当面の足枷は、エアタグの処理速度とバッテリ。iPhoneを電脳メガネのごとく使うには通信速度は遅いし、現状の10倍はバッテリが必要でしょうね。その辺が整うのは10年後くらい? とりあえず後者については、真剣にこれの購入を考えてます。電池はエネループで。まあ、ないよりはマシってことで(苦笑)

9/11/2009 22:59 note iPhone

comments & TB (1)

  • mapfan.comというサイト内のるーとMap。
    MOON@人工無能 9/12/2009 2:00

name

trackback URL