今週の音楽「第六交響曲 第2楽章」はいかが?
STRADIVARIのバグ?
 もしくはLogicとの相性の問題? ポルタメントのかかり具合がプレイバックするたびに微妙に変わるのです。この現象、実は前々から気になっていたものの、STRADIVARIは前後の音をリアルタイムに繋いでいるので「上手くつながらない時もあるんだな」くらいに思ってました。発音タイミングを微妙にずらすとキレイにつながる場合もありますし、最終的にキレイならいいやと(笑) ところが……
 今日はぽっかりスケジュールが空いてしまったので「バイオリンとピアノによる小品集 第2番」をつくってたんですが、どうしてもキレイにつながらない部分があり試行錯誤。で、解決策を発見しました。オフラインバウンスしたところ上手く行きました。
 これは何を意味するのか? リアルタイムでは処理が追いつかないのか? でも、CPUメーターでは負担を確認できず。と言うことは、Logicとの相性の問題? VSLのパフォーマンスツールも、Logicではいろいろありますし。いずれにしても、STRADIVARIを使う時はオフラインバウンスすることにします。
 と言うわけで、明日は朝からスタジオにつき、今夜は早寝します。

3/17/2007 23:59 note library

comments & TB (0)

name

trackback URL