今週の音楽「弦楽四重奏曲 第3番 第3楽章」はいかが?
続・さよならSafari
 日に日に自分好みに成長しているFirefox。が、ここへきて奇妙な現象にぶち当たってしまいました。
 URLの末尾がmp3、つまりmp3に直接アクセスを試みると……。
 Additional software is required for QuickTime to playback this media. このようなメッセージが出て、Appleのコンポーネントページへ飛ばされるのです。普通のmp3なのに、特別なコンポーネントが必要なわけがない。が、Cancelを選択すると、真っ白いページのまま再生されない。これは一体どういうこと??

  • ページ情報によると、認識はされている様子。MIMEタイプも「audio/mpeg」で問題なし。

  • 中には、再生可能なmp3もある。

  • が、再生できたと思ったら、二度目以降再生できなくなるmp3もある。

  • そこで、mp3ファイルを疑ってみる。しかしビットレイトや尺は関係なく、エラーに一貫性を見いだせない。

  • Flashプレイヤーを介すると、100%正常に再生できる。

  • 環境設定 > アプリケーションで該当MIMEタイプを「ファイルを保存」「iTunesを使用」に変えた場合、いずれも問題なく作動。

  • ということは、QuickTimeプラグインの問題か? しかし他のブラウザでは、ちゃんとプラグインが機能する。

  • アドオンを初期状態に戻してみたが改善されず。

  • QuickTimeをインストールし直してみたが改善されず。


 この問題さえ解決すれば、迷うことなくSafariに別れを告げられるのに……。
 と言うわけで、一週間試行錯誤を繰り返し解決。Firefoxを32bitモードで起動したところ、問題なく再生されるようになりました。やー、長かった! 検索しても「QuickTimeプラグインを外したい」という自分とは真逆の情報ばかりなので、半ば諦めてましたよ(苦笑)
 ヒントはこのページ。英文なのでよくわからないのですが、この現象、ver4の頃から潜んでいるみたいですね。まあ、とにかく一件落着です。
 ついでに、RSSリーダーのBrief。ほとんどのフィードは問題ないのですが、サイトやブログによっては既読フィードが再び新着としてピックアップされてしまうことがあります。例えば、YouTubeのチャンネル。恐らく、コメントがつくたびに新着扱いになるのではないかと。「これ、何とかならないのかなあ」と思っていたら、何とかなりました(笑)
 新着にしたくないサイトを右クリック。プロパティから設定可能でした。

9/29/2011 20:13 note Mac

comments & TB (0)

name

trackback URL