今週の音楽「Qualia 20Hz」はいかが?
「post accordions v2.0」「pure guitars」「pure e-bases」
 昨日届いたライブラリの音を聞いてみました。

「post accordions v2.0」

<良かった点>
・色んなタイプの音があった。
<悪かった点>
・出音が不自然なサンプルがあった。
・同時発音数を越えると片側からしか音が出なくなったりする。多分、サンプルがスプリットステレオだったせいですね。
・ステレオ感が不自然なサンプルがある。
・キークリック音付きのインストルメントが各アコーディオンに1つずつ用意されてるんですが、単に同じキークリック音を上乗せしただけだった。やってくれます(苦笑)
<総 評>
 とりあえず不自然なステレオ感への対処として、インストルメントをモノラルで再設定し直そうと思います。容量も半分になるし。
 それとキークリック。単なる上乗せにはまいりました。しかも、バンドネオンとかなら別ですが、通常アコーディオンって鍵盤部分ではキークリック音は出ないわけで(苦笑)。なので、キークリックのみのインストルメントを別トラックに用意し、左手パートにリンクさせるしかなさそうです。ただ、キークリック音は1種類しか用意されていないので、フィルタを駆使しないと機械的になりますよね。音が出る時もあれば出ない時だってあるでしょうし。この辺は課題です。まあ、今まではキークリック音なんて意識してませんでしたが(笑)

「pure guitars」

<良かった点>
・スティール、ナイロン、12弦、アコベの他に、ovationも入ってて嬉しかった。
・コードのインストルメントが意外にも良かった。ストローク時に使えそうです。
<悪かった点>
・アコベがイマイチだった。低音が全然足りてなくてベースじゃないみたい。これだったらLogic付属のアコベの方が良いです。
・アコベもナイロンもスライド音が捲き弦チックな音だった。スティールギターでもないのに、これって変ですよね(^^;)
・ビブラートのインストルメントが用意されてたのは嬉しかったんですが、ビブラートが弱過ぎて他のパートと重ねた場合は効果なさそう。
・コードのインストルメントが12弦とovationのみだったのが残念。
・ハーモニクスはすべてのギターに用意されてましたが、なぜ音階が付いているんだと声を大にして叫びたい。
・logic付属のアコギもベロシティ127でハンマリングのサンプルが再生されるようになってるんですが、どちらもすべて全音。これはこれで使えるんですが、どうせならベロシティ126で半音のサンプルが再生されるような気遣いがほしかった。まあ、ハンマリングではなくスライドと思えば不満は消えますが(苦笑)。
<総 評>
 何だかんだ書きましたが、即戦力だと思いました。

「pure e-bases」

<良かった点>
・サイズが約4.5Gだけあって、奏法の種類がいろいろ入ってます。把握するのが大変そう(^^;)
<悪かった点>
・フレベも入ってるもんだと勘違いしてました……。入ってるのはvol.2でした。
<総 評>
 フレベ、アコベ以外での使用はこれで十分って感じです。

5/13/2005 23:59 note library

comments & TB (0)

name

trackback URL